知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 2 )

情報通信技術の発達によって、企業と消費者の間での情報格差が小さくなっています。
その中で、特定の商品については、企業よりも豊富で詳細な情報を持つ消費者や、個人からの情報発信によって、消費者に多大な影響を与えるということが生じています。
特許情報ではどうでしょう。
活用できる特許情報は格段に多くなりました。
フリーの情報も多くあります。
知的財産に関して情報発信しているウェブサイトも多くあります。
それでも、各国の制度を含め特許の制度や特許情報の位置づけ、特許情報の内容などがわかっていないと使うのは難しい。
先行技術についての特許情報があっても、それと特定の発明との対比となると、まったく専門的な判断となってしまいます。
普及しているようでいても、乗り越えなければならない壁がありそうです。
[PR]
by saikilab | 2009-04-15 06:51

知的創造サイクル

iPS細胞の製法特許を受託し知的財産管理をしているiPSアカデミアジャパン。
その製法特許を国内の二社にライセンスしたとのことです。
ライセンスポリシーは、広くライセンスする。
具体的には、
1. 非営利機関には、原則無償
2. 営利機関に対しても、適正かつ合理的な対価(有償)を設定する
いずれも、非独占的なライセンスが基本

新たな研究開発促進のために、幅広くこれらiPS細胞の研究成果を利用してもらうためとのことです。
京大は、これら2社からの特許ライセンス料を「iPS細胞関連の研究開発資金に活用する」。
これぞ知的創造サイクルです。

ところで、iPSアカデミアジャパンの企業ロゴは、商標登録されたでしょうか。
[PR]
by saikilab | 2009-04-09 06:38