知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

中国では戦略的に

知的財産戦略が重要である中で、中国での知的財産保護、活用は戦略的に行う必要があります。中国の特許法は、日本の条文も似ているし、特許権利付与の考え方も大きく異なるわけではありません。そのような中で、中国での権利取得をするかどうか、権利行使をどのようにするか、が重要になります。
十分な権利行使ができないようなので、権利化しても。。。
模倣品の摘発がなかなか難しそうなので。。。
訴訟では勝ち目がなさそうなので。。。
というのが、従来の傾向であったようです。
模倣品の摘発にしても、訴訟の提起にしても、権利をもっていないと議論にもなりません。製品の製造が行われている国がどこであるのかを確実に把握して、そこでの権利取得が必要です。訴訟の原告勝率も変化します。なによりも、日本企業がどのような考え方で知的財産保護活用に取り組んでいるのか、理解してもらうことが必要です。中国現地での知財教育、人材育成に日本企業が積極的になるわけですね。
by saikilab | 2010-12-21 21:52 | 知的財産マネジメント