人気ブログランキング |

知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

ロングセラーも特許で

2010年の前後に大型医薬品の特許切れがある「2010年問題」に、各社対策を立てています。大型医薬品に代わる新薬開発が必要ですが、特許切れの後も、その医薬の売上高をできるだけ落とさないのも対策の1つです。
既存医薬のロングセラーのための対策として、次の方法があります。
有効成分を含む製剤を工夫する。
錠剤を貼付剤にする、徐放性にするなどがあります。
すでに使われている薬の適応症を拡大する。
別の薬効を見つけて承認を得ることです。
薬効改良品をつくる。
有効成分の含有量を増やして効能をあげるなどです。
これらの技術は、いずれも製剤発明、用途発明として、特許で保護ができます。
このような発明は、物質発明とは別の発明として有効成分を含む権利範囲として特許の取得ができます。特許切れは、医薬品の有効成分である物質発明についてなので、このような製剤発明や用途発明を開発し、特許で保護しておくことが薬のロングセラーを確保するのに必要ということですね。
by saikilab | 2010-11-12 08:39 | ライフサイエンス知財