知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

チームで業務改善

個人での目標管理が行われることが多い。
これに対して、プロジェクトチームを組んでチームで中期目標を立て、業務管理する。
そのことにより、現場従業員に業務の責任を与えます。
チームでの目標であり、業務管理ですから、社内でオープンにできます。
他の部署からも内容がみえるため、他部署からの評価も得られます。

知的財産業務にあてはめることができるでしょうか。
知的財産業務の人材育成では、外部の研修が利用されることが多いようです。
外部の研修は費用がかかるため、最近は抑制気味です。
外部研修と、個々の案件に応じたOJTとの組合せによる教育が行われます。
知的財産の案件は、多様性があるため、OJTが適しているのかもしれません。
それでも、個々の案件での対応は、他の案件に対してもヒントになるところがありそうです。
数多くの案件に接することにより、知識や技能が身につくように思います。
いくつかの案件をチームで担当し、それぞれの対応を報告し議論することにより、情報交換する。
期限に迫られていて業務を行うことが多いためなかなか厳しいことかもしれません。
けれども、業務管理をチーム管理で行うことにより、情報共有することは有意義ではないでしょうか。
チームでの管理でも、これは社内というより、部内でオープンにして他のチームからの評価も得る、
ということになるでしょう。
by saikilab | 2009-09-07 07:58 | 知的財産マネジメント