知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

当業者って

発明が特許されるための、発明の進歩性、明細書の記載要件は、当業者が基準となります。
当業者に相当する人物が存在しているということではなく、当業者を想定しその立場で判断すると、ということです。
発明の技術分野でも、技術の進歩度合いによっても当業者は違ってきます。
発明の進歩性については、出願前に発行されたすべての刊行物に記載された発明がその根拠発明とされます。
そこで、進歩性の当業者は、直近の技術を全て知っていることになり、発明するのに最も関連のある技術分野が何かを知っているし、その分野の当業者と即座にチームを組んで発明をすることもできることになってしまいます。
スーパーマンですね。
by saikilab | 2009-06-01 23:04 | 知的財産権