知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

「やり過ごし」てしまわないことも

企業の多忙な部署に所属していると、自分の担当する業務の量が極めて多くなります。
そのような部署にいる場合には、上司の指示にすべて従うことは物理的にできません。
上司から言われたことをすべてこなそうとせず、上司の指示を上手にやり過ごし、時間と労力を節約します。
どこかの役所にもありましたが、管理する立場の人間の人事異動が非常に多い。
その場合には、管理の立場の人は、現場での仕事の知識も経験も少ない。
その上司の部下は、現場で長年の業務経験と知識をもち業務をこなしています。
このような上司からの指示は現場の業務にそぐわない場合があります。
そのような的外れな上司からの指示を、現場の担当者である部下は、やり過ごしをします。
上司に反論して職場の人間関係を悪くしたくありませんから。
このように業務負担が過大な場合とか、信頼性の低い上司への対処として「やり過ごし」があるそうです。
合理的である限界を超えるような大きな問題にぶつかると人間はやり過ごしてしまう。

研究の負担がときとして、限界を超える問題になった場合、みなさんはやり過ごしてしまいますか。
限界は人によって異なるでしょうから、その人の捉えかたで、ときには限界を超えてしまっていることもある。
でも、人間はやり過ごすだけでなく、限界にチャレンジすることがあるはずです。
果敢なチャレンジでそれを乗り越えたときの快感はなんともいえないでしょう。
by saikilab | 2009-05-08 07:20 | 研究室紹介