知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブランドの構築と維持に必要なものは
製品の高い品質、機能・性能
それと、消費者の高く、しかも継続的な評価でしょうか

品質の劣る製品の場合、当然にその製品により、消費者の評価が下がってしまいます
評価が一旦下がってしまうとブランドの再構築には
消費者の心に届けるための長期な努力が必要になります

品質が同じでも、別のブランドで製品を販売すると、その製品も同様に売れるでしょうが、それまで構築したブランドの価値が薄れてしまいます

グローバル商品であれば、多くの国でのブランド構築と維持への絶え間ない努力が必要です
そのためには、一時的に、一部の地域で販売量が減少することがあっても、たじろいではいけない

メガブランドの構築には確固とした経営精神が必要ですね
[PR]
by saikilab | 2013-01-28 10:25 | 知的財産マネジメント

修士論文の時期

修士課程の修了時期が近づきました
修了予定の学生さんは、修士論文作成に向けてラストスパートです

形としては、修士論文ではなく、プロジェクトレポートを作成します

プロジェクトレポートも論文として作成するのですが、修士論文と何が違うのでしょうか
プロジェクトレポートでは、仮説検証など研究手法に基づいた成果についての論文でなくてもよいとされています
プロジェクト研究の結果、結論として問題を提起するレポートも可能です
社会人が実務経験に基づいて取り組みやすくなるよう位置づけています

課程では、修士の場合と比較して取得が必要な単位数が多くなっています
講義の履修に力点がおかれているということですね
[PR]
by saikilab | 2013-01-21 19:10 | 研究室紹介
1週間以上投稿していないと、GREMZの木は元気がなくなってしまいます

ブログの右下にあるのですが、本日の投稿で元気を取り戻してくれるでしょうか
[PR]
by saikilab | 2013-01-14 10:17 | プロフィール
馬鈴薯「マチルダ」ご存知ですか?
メークィンはよくお目にかかるのですが、マチルダは知りませんでした

「種子馬鈴しょの作付から一貫した栽培を行う、全国で唯一のマチルダ産地」としてアピールしている北海道芽室町

じゃがいもの加工品としてコロッケ、レトルトカレーなど加工品の開発で、「十勝めむろ」ブランドを育てているそうです
マチルダ、メークィンというじゃがいもから地域ブランド化を進め、ブランド力強化に向けて他の品目も加えることを企画しています
「十勝めむろ産農畜産物」の地域ブランド化ですね
首都圏でも、芽室産の農産物、畜産物、その加工食品の販売を展開していくとのこと
東京でも購入できるようになるようですが、それとももう既に購入できるのでしょうか

芽室町といえば、相撲の大乃国ですが、安住紳一郎アナウンサーも芽室町で育ったのでは?
[PR]
by saikilab | 2013-01-14 10:13 | 知的財産マネジメント
いろいろな材料を使って、新しい料理を発想する

出来上がった食品は、発明になるものもありそうです

材料を見たときにできる妄想料理
それが新しい発想を生むそうですよ

発明も、発明者の妄想を促すことから発掘できるかもしれませんね
[PR]
by saikilab | 2013-01-06 08:45 | 知的財産マネジメント

著作物?

大分古いギャグだと思うのですが、知っていますか?
「コマネチ!」
ハイレグのまねをしての動作です

これの著作権は自分のものだとテレビで言っていましたが
これは著作物でしょうか?
パフォーマンスでは、パントマイムのパフォーマンスも著作物になりますが。。。

ところで、建築物の著作物について、
その建築物をそのまま建築により複製した場合に著作権侵害となるようですが、そんなことあり得る?

と、お正月らしくない、話題となってしまいました
[PR]
by saikilab | 2013-01-03 19:26 | 知的財産権
新年あけましておめでとうございます

晴れてすがすがしい元旦です          f0176191_874058.jpg

今年もどうぞよろしくお願いします
[PR]
by saikilab | 2013-01-01 08:09 | プロフィール