知的財産をマネジメントする

saikilab.exblog.jp

知的財産マネジメントを研究しています

ブログトップ

ゴルフ会員権評価のビジネスモデル特許

ビジネスモデル特許の話題も一時より熱が冷めたようですが、特許になりにくいためでしょうか。
ゴルフ会員権評価のビジネスモデル発明が、「ゴルフ会員権の評価をコンピュータにより求める装置及び評価システム」というタイトルで特許取得されていました。優先日が、2000年で特許として登録されたのが、2009年、登録まで9年かかっています。2004年審査請求で、拒絶理由通知が2005年です。拒絶査定がされて、不服審判請求の手続をし、審判部にて特許となった経過がありました。
拒絶査定では、
記憶されている所定の基礎データと算出ルールに基づいて資産の評価額を算出し出力すること、
複数のルールを記憶しておき、評価対象に応じて必要なルールを取得して所定の評価処理を行うこと、
というそれぞれ周知技術を公知のゴルフ会員権相場の提供システムに適用することは当業者にとって容易である、という判断です。
【請求項】は、例えば、算出ルールについて、
「(a)前記参考時価A、前記換算額面B、及び前記持分資産Cの3つの数値から少なくとも2以上を選択すると共に選択された数値の平均を得た平均値Av、(b) 前記ポイントPiのポイント合計値Psを
Ps=P1+P2+…+Piにより求め、このポイント合計値Psを換算比率Qにより金額換算した調整額Qsを前記平均値Avに加算した調整済平均値Ap、(c) 前記平均値Av又は前記調整済平均値Apに、前記係数Kを掛け算して得た換算済平均値As、の中のいずれか1を選択するルールである」
というようなより詳細な特定がされた結果、特許になっています。苦労した結果の特許取得だったようです。
引用文献についても、「大和サンコー株式会社 GOLFDIV 時価評価のご案内,[online],2000年12月 4日,[平成21年3月3日検索],インターネット<URL:http://web.archive.org/web/20001204194500/http://www.daiwasanko.co.jp/>」という、インターネット情報が引用されていました。ビジネスモデル特許の取得は、手強いですね。
[PR]
by saikilab | 2011-03-29 07:43 | 知的財産マネジメント